広範脊柱管狭窄症とは

広範脊柱管狭窄症とは頚椎、胸椎、腰椎の広範囲にわたり脊柱管が狭くなり、

脊髄神経の障害を引き起こす病気です。

頚椎部、胸椎部または腰椎部のうち、

いずれか2カ所以上の脊柱管狭小化による神経症状により

日常生活が大きく影響されるとされています。

60歳代の男性に多く、頸椎部と腰椎部の合併が7割をしめます。

椎間板や椎間関節の変性や黄色靭帯の肥厚などにより

脊柱管が狭窄されて起こるとされています。

このブログを見て頂いている方はご存じだと思いますが、

MRIの画像所見で狭窄があったとしても、

症状を出しているのは筋肉の可能性が高いんです。

狭窄があると言われても症状がなければ、

まったく気にする必要はありません。

人間は心配すればするほど、痛みを感じやすくなるようにできています。

痛みの原因さえ解決すれば、腰痛に安静は必要ありません。

痛みがとれたら、何がしたいですか?