脊柱管狭窄症と間違われやすい症状

脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアとめちゃくちゃ間違われやすい症状があります。

それはお尻の筋肉のコリです。

腰痛というよりも、お尻が痛いとおっしゃる患者さんは非常に多いんです。

このブログを見て頂いている方の中にもお尻の症状がある方がいるかもしれません。

この画像は小殿筋という筋肉にコリが生じると脚まで痛くなるんです。

脊柱管狭窄症と診断されて太ももやふくらはぎが痛い場合、

もしかすると、それは狭窄症が原因ではなく、お尻の筋肉のコリかもしれません。

当然、脊柱管の狭窄もあって、筋肉のコリもあるという場合もあります。

どちらにせよ、小殿筋にコリがある場合は施術してみる必要があります。

また、痛み止めを飲んでも効かない場合は特に筋肉の施術を受けてみることを

強くおすすめします。

薬や手術に頼らずに、症状が改善すれば素敵じゃないですか?

腰部脊柱管狭窄症と言われてもスポーツに復帰された方もたくさんいます。

痛みがとれたら、何がしたいですか?