脊柱管狭窄症の間欠性跛行について

脊柱管狭窄症では、腰を後屈させることで脊柱管の狭窄が悪化します。

 

このため、立位や歩行で下肢の痛み・しびれ・つっぱり感が出現します。

そして、前かがみで少し休むとまた歩けるようになります。

このような症状を間欠性跛行と言います。

 

同じように、下肢の血管障害でも同じような間欠性跛行の症状を出すことがありますが、姿勢を前かがみにしても症状の変化がでません。同じ様な原理で、腰が前かがみとなる自転車では、いくら乗っても下肢の症状は出ない場合が多いのです。

一般的にはこのように言われていますが、

中には違う原因で間欠性跛行が出現していることがあります。

原因を除去することで改善する可能があるとしたら。。。

痛みがとれたら、何がしたいですか?