腰痛診療ガイドライン

2012年に日本整形外科学会と日本腰痛学会の監修による

「腰痛診療ガイドライン2012」が発行されました。

 

●運動不足は腰痛発症の危険因子である。

●喫煙は腰痛発症の危険因子である。

Body Mass IndexBMI)と腰痛の間には有意な相関はない。

 

ガイドラインでは「運動不足が腰痛発症の危険因子である」として、

運動習慣の重要性を強調しています。

また、喫煙も腰痛発症の危険因子の1つとしています。

しかし、「肥満に関しては、Body Mass IndexBMI)と腰痛には

有意な相関はないとしていますが、過度な肥満による健康障害や運動不足については

十分な指導が必要であるとのこと。

 

運動も重要ですが、偏った動作を繰り返すスポーツには注意が必要ですね。

腰痛には体重も年齢も関係ないんです♪

多少、骨が変形しかかっていても痛みの直接の原因にはならないことが多いんです。

脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアと言われても改善する可能性が十分にあるんです。

腰痛には安静は必要ありません。

めちゃくちゃ痛い時でも3日ほどの安静で十分な場合が多いです。

もちろん、圧迫骨折などの怪我の場合は例外ですけどね。

急性の怪我ではない場合は適度な運動が必要です。

 

三重県四日市の「腰痛施術の匠」橋爪接骨院

日曜日もやってますが、12月27日はブラジリアン柔術の試合に出るため、

お休みを頂いています。ご了承くださいm(_ _)m