腰部脊柱管狭窄症の手術後

腰部脊柱管狭窄症は腰椎椎間板ヘルニアと比べて治りにくいと言われています。

MEL法と呼ばれる内視鏡で行う手術もありますが、椎弓を部分的に削る開窓術や椎弓切除術、固定をする脊椎固定術が頻繁に行われています。

長時間歩けない、腰が痛いと、お尻から脚が痛むという症状が、狭窄によるものでなかったら、手術をせずに症状が楽になるとしたら。。。

脊柱管狭窄症でお困りの方は三重県の「腰痛施術の匠」橋爪接骨院にご相談ください。

整形外科で10年間勤務してきた経験があります。

ご期待にそえるよう全力で施術します。