腰痛の常識

非特異的腰痛(原因疾患のないもの)は、

予防としても治療としても「安静」は不要です。

明らかな原因疾患のある腰痛(特異的腰痛)としては、

神経痛を伴う椎間板ヘルニア、腰椎の腫瘍、骨折などが挙げられます。 

ただ、その割合は少なく(15%程度)、腰痛のほとんどは非特異的腰痛です。

「ぎっくり腰」でさえも、安静を保ちすぎると再発しやすいことがわかっており、

仕事も普段の活動も痛みが和らぐのと平行して

活動を維持することが世界標準の考え方となっています。

レントゲンやMRIの画像所見のほとんどは、

腰痛の原因を説明できないといわれています。

脊椎の変形、椎間板の傷み、ズレ、椎間板ヘルニア、脊椎分離症といった

画像所見を、医師から回復しないと指摘されても、

悲観する必要はありません。これらの所見の有無は、

腰痛の有無とほとんど関連性はないということです。

重要なことは、自分の症状を的確に捉えて、

その状態にあった対策(治療法、予防法)をとることで、

症状は軽減し、また再発を予防することができます。

安易な手術も慎重な対応が必要です。